# 小さい子供がいる家のこたつ布団の工夫

小さい子供が居るお宅では、こたつ布団に飲み物や食べ物をこぼして洗濯が大変等の理由から、こたつを諦めてしまうお宅もあるようですが、工夫一つで使うことができるようになります。既存のカバーの上に更にカバーを重ねるのです。素材は、タオル地だと食べこぼしの際に後始末が大変ですし、ツルツルした素材だと飲み物をこぼした場合敷パッドまで流れ落ちてしまいます。そこで、一番カバーに適した材料は、使い古しのふとんカバー等です。これだと適度に吸水しますし食べこぼしも複雑にひっついてしまうことはありません。ただ、大量に飲み物をこぼしてしまった場合はこたつ布団にまで染みてしまったり、敷パッドを濡らしてしまう可能性もあるので、ふとんカバーで作ったカバーとこたつ布団の間にバスタオルを1枚挟むようにします。こうすることで、食べ・飲みこぼしに対応できます。二重や包む形にするとやはり乾きが悪いので、一重で上から被せるだけの物にするとベストです。また、掛け布団より大判にすることで、子供用の椅子を置いても対応できるようになります。

部屋で使うこたつに適したこたつ布団

こたつは日本の伝統的な暖房器具の一つです。近代的な造りの住宅に住んでいる方でも、冬になるとこたつを使用しているケースは珍しくありません。こたつを使用する際は、こたつ布団にこだわりたいものです。こたつ自体の大きさやデザインもとても重要ですが、こたつを覆って使用する布団にこだわることで、部屋の雰囲気や利便性は大きく変わってきます。部屋が広い場合は、たっぷりとしたボリュームのこたつ布団を使うのも良いでしょう。ですが、少し部屋が小さいと、ボリュームのある布団を使ってしまうと部屋に圧迫感を与えてしまう可能性があります。この場合は省スペースタイプの布団を使った方が合理的です。また、こたつ布団の色やデザインによっても視覚的な圧迫感には違いが出ます。部屋のインテリアと色を合わせることで統一性が出て、部屋にすっきりとした印象を与えることが出来るでしょう。

こたつ布団をこだわって選ぶ

こたつ布団にこだわることで、より居心地の良い部屋になり、おしゃれな空間にもなります。部屋のアクセントにもなります。部屋の雰囲気にあった物を選ぶことがおすすめです。サイズや、厚さなどもよく確認して、自分のお気に入りの物を見つけることが大切です。正方形、長方形、丸形などがあります。様々な、デザインもあります。カラーも好みの物を選ぶことができます。リバーシブルのものや、撥水加工のものまであり、より楽しく安心して使うことができます。洗濯がしやすいものを選ぶこともおすすめです。こたつは、体を温めることで、疲れがとれたり、癒されたり心身ともに温かみを感じることができるものです。家族みんなが集まる場所であり、こだわって選ぶことがおすすめです。小さな子供がいる家庭では、こたつ布団にカバーを取り付けることもおすすめです。